ホステルスタッフが教える!韓国のゲストハウスやホステル選びで失敗しないコツ!

韓国トレンド

안녕하세요^^Riiです。

今回は私の得意分野!

私は某OTAサイト(インターネット上だけで取引を行う旅行会社)のカスタマーセンターを経験した後に、ホステルの店舗スタッフ(マネージャー)やお客様窓口、運営管理部として働き、そろそろ2年が経とうとしています!

宿泊業界で働いているものの、ホテルとホステル(ゲストハウス)ではまた違う業態の為、正直ホテルにはそこまで詳しくないのが事実です。

しかしホステルやゲストハウス、民泊に関しては詳しくお話できる為、今回は旅のお助けになればな〜と思っています^^

みなさんが韓国旅行に行く際、1つの楽しみにもなるのが宿泊施設ではないでしょうか。

旅行の満足度を左右させる宿泊施設選びって結構重要ですよね!

飛行機と宿泊施設がひとつのパッケージになっているものを予約すると宿泊施設を選ぶ必要のないことがほとんどですが、LCCなどの格安航空券を予約して行く場合には、自分で宿泊施設を選ぶ必要があるかと思います。

韓国に頻繁に行かれる方やオタ活で行く方、ロングステイをする方などは出来ればコスパの良い宿に泊まりたいのが本音ではないでしょうか。

もちろん最近は安めのホテルも多くありますが、今回はホステルやゲストハウスのメリットを含め、

格安宿泊施設選びを失敗しない為には実際にどうしたらいいのかを紹介していきます。

今回はちょっと長め!私の場合の話も混ぜますので、興味のない方は飛ばしてくださいね!(笑)

私(Rii)がホステルやゲストハウスを選ぶ理由

まず、私自身の旅行パターンですが、

ただ買い物やグルメを楽しみたい場合は、友人と

1泊の場合、ゲストハウス(寝るだけでOK)

2泊〜ホステル という感じで宿泊施設タイプを決めています。

友人と安宿に宿泊する場合には、相手の許容範囲はどこまでなのかを予約する前に確認しておく必要があります。そもそも、ホテルじゃないと嫌だという方も多いかと思います。

到着後に相手が思っていた施設と違う場合、険悪な雰囲気になることもあるので注意が必要です。

私は友人との旅行の場合、宿泊施設にいる時間って5・6時間だったりひどい時は3時間なんです。(笑)

買い物してご飯食べて、深夜まで飲み歩いているので基本的に旅行中は寝不足…

シャワーを気持ちよく浴びて寝れれば良い精神なので、ホテルに高いお金を払うのが無駄だな〜と考えたりします…

GWやお盆、年末年始

長期の場合(3泊〜)

成田→釜山 まずここで彼とホテルに

安宿ばかりではなく、ちゃんとホテルも泊まります(笑)

モーテル利用も多いですが…(最近は安くて綺麗な所も多いですよ♡)

釜山→ソウル ひとりで個室ゲストハウスやホステル または 友人と合流してホステル宿泊

ソウル→釜山 また彼とホテル

長期で行ける時は、平日(韓国基準)は基本ソウルに行っています!

彼も社会人なので平日の昼間は暇なんですよね…釜山の友人は最近まで1人しか居なかったのでㅠ

ソウルの一人旅は余裕!行くところ満載!ソウルに居る友人達とお酒飲み放題!(笑)

日本から友人が途中合流してくることもあり!

ってな訳で割と自由な旅をしております。

その時は安宿へ宿泊なのですが、これがたまに!外れることもあるんです(笑)

シャワーのお湯が出なかったり…(−5度くらいの日ですよ?!)薄汚かったり。

正直、毎回ホテルを選べば当たり外れはそんなに激しくありません。

なぜリスクのある安宿を選ぶのか?それは下記のようなメリットも多いからです。

ホステルやゲストハウスのメリット

まず、ホステルとゲストハウスの違いを気になる方もいらっしゃるかと思いますが、決まった定義はないようです。

きちんとフロントがあって、共有スペースがあって基本ドミトリーの施設がホステル。

アメニティは最低限。バーやカフェレストランが併設されているところもある。

ゲストハウスは家族経営のところも多く、ホステルよりももっとアットホーム!

フロントも無いことが多く、アメニティはほぼありません。

こんな感じでしょうか。呼び方が違うだけで、なんとなくふわっとしているところではあります!

なので国によって、全然違ったりもします!

私の感じで分類している、韓国のホステルとゲストハウスの違いとしては以下です。

『ゲストハウス』

・フロントが無い

・ビルのワンフロア、2フロアをゲストハウスとして利用している所が多い

・トイレとシャワーが同室。少なめで共用

・個室もあるが2段ベッドが1台2台とかだけ

・部屋の割合としてドミトリー(他人と共用の部屋)が多い

・スタッフ対応がほぼ無い

・他のゲストとのコミュニケーションスペースが広め

『ホステル』

・フロントがある

・1つの建物自体が宿泊施設

・朝食付きのところも多い

・個室が多く、部屋にシャワーとトイレがある

・スタッフが親切に対応してくれる

・共有スペースはあるが、他のゲストとのコミュニケーションスペースは狭め

共通して言えるメリット

・費用が安く抑えられる

・長期滞在の場合、洗濯機があると便利

・共有スペースでキッチンや冷蔵庫が使用出来るため、食費を抑えることも可能

・共有スペースやコミュニケーションスペースで新しい友人が出来る

・一人旅の場合はその友人と遊びに行く事も出来る

・スタッフさんとも韓国語で会話したり仲良くなれる

一人旅をする場合、少し飽きてきたり夜中に遊びに行きたくなったりすることも多く、私は共有スペースにいる方に声をかけて遊びに行く事も多いです(笑)

日本が休みシーズンだったりすると日本人の宿泊も多いので、英語が出来なくても一緒に行動出来る方を見つけることが出来るかもしれません^^

ちなみに私は友人とゲストハウスに宿泊した際には、アメリカ人の子と仲良くなり一緒にバーに行き、さらに友人を紹介してもらい大勢で遊んだりもしました。

もちろんそういったことが苦手な方はいらっしゃるかと思いますが、私は旅先で新しい友人を作るのも旅行の楽しみだと思っています。

その新しい友人とまた友人の国で会うこともガイドしてもらうことも出来るので、新しい繋がりを作るのも悪くないなと感じています!

韓国に強い予約サイトは…??

ここまでくるのに長かったですね…ついつい書きすぎてしまいました!

暇さえあれば予約サイトで韓国の宿泊施設を見ているときもあるのですが(笑)

私が他のサイトよりも安い!と感じる予約サイトは『Agoda(アゴダ)』です。

アゴダ®公式サイト | キャンセル無料プラン・お得な割引 | 国内海外200万軒以上のホテル
キャンセル無料プラン多数 | 清潔なホテル・アパート・一軒家 & 航空券をお得に予約 | 最低価格保証 | 2千万件以上の口コミ | あんしん・安全

実際に利用されて居る方もすでにいらっしゃるかと思いますが、アジア太平洋地域を中心に展開を広げている会社なので、アジアはAgodaが強いです!!

同じ施設で同じ部屋でも他の予約サイトに比べて、低価格で予約を取る事が出来ます。

Booking.comより規模が大きく掲載数も世界中に約75万件あります。

利用者数も多いのでレビューも多いのも魅力的です。

無料で会員になると会員限定の割引価格や貯まったポイントでお得に宿泊出来ることもあります。

宿泊料金はタイミングによって価格に差が生まれます。

なぜかって?売れ残りを空室をなるべく減らす為です。大体直前予約の方が安い場合が多いですが

人気施設の場合は空室が直前まであることが保証されてない為、お気に入り登録をし数日価格を見守るのが予約を安く取るこつです。

タイトルとURLをコピーしました